に投稿 コメントを残す

亀頭増大術で組織が壊死して後悔

亀頭増大術を受けて起きるかもしれないこと

男性としての自信を高めるため、性行為をもっと楽しむために亀頭増大術を付ける人は少なくありません。手術が上手くいけばその願いは叶いますが、場合によっては組織が壊死してしまい後悔をする可能性があります。なぜそのような悲劇が起きてしまうのかというと、亀頭増大術に使われるフィラー剤・充填剤と呼ばれる薬剤のためです。このフィラー剤・充填剤は亀頭部分に注入されることで、見た目の大きさをつくりだします

一般的にフィラー剤・充填剤というのは、人体に害のないヒアルロン酸や体に吸収されず半永久的に残るアクアミドといった成分が使われます。それらの成分が大量に注入されると、亀頭部分の血管が圧迫されて血液の流れが悪くなり炎症が出たり色が黒ずむなどの変化がでることがあります。異常な状態を放置すれば、血液が運ぶ酸素や栄養が止まり組織が壊死します。組織が壊死すれば、もう血液がその部分を流れることはなくなりますから、海綿体に血液が流れ込み勃起することはなくなります。後悔しても元通りになることはありません。

亀頭増大術は慎重に受けるべき

亀頭増大術を行った結果、組織が壊死して勃起ができなくなったとしたら、責任は施術をした病院にあります。でも、そういう病院はトラブルが起きても、責任を認めずに廃業して逃げてしまう事が多いです。いい加減な施術をする医師はそういう結果になるかもしれないことがわかっていて、短期間で稼ぐために「格安で亀頭増大術を受けられる」などの甘い言葉で患者を探します。その言葉に騙されて、多くの被害者が生まれます。

料金が安くなるのはたしかに魅力的ですが、それで男性器が使い物にならなくなれば一生後悔することでしょう。結婚や子作りを諦めるとなれば、今後の人生も一変します。そんなことにならないよう、安全に亀頭増大術を行える医療機関を探すことが重要です。探すときにはこれまでの実績が重要です。大きな総合病院なら安心だと思うかもしれませんが、亀頭増大術や包茎手術など男性器の悩みを治療する専門の医療機関のほうが、扱っている件数が多いのでよく調べたほうがいいです。

まとめ

亀頭増大術を受けると、亀頭に注入するフィラー剤が血流を止めて組織が壊死することがあります。壊死してしまったら、もう勃起ができなくなり男性機能が失われてしまう可能性もあります。ですから異常が出たら手遅れにならないうちに、施術した病院で診てもらわなければいけません。亀頭増大術を受け取るときには、まともな手術ができない医師がいるところで施術を受けないためにも、格安などの言葉には騙されないようしなければいけません。安全のためには、実績のある医療機関を探すことが重要です。

に投稿 コメントを残す

亀頭増大術のついでに不要な包茎手術まで受けてしまい後悔

必要ない包茎手術まで受けると後悔することも

亀頭増大術を受けるつもりが、包茎手術まで勧められて受けてしまったという人は少なくありません。ついでに施術を受ければ確かに楽ですが、それが自分にとって不要なものだと後悔するでしょう。亀頭増大術はあくまで亀頭を大きくするのが目的です。この手術をする人には包茎の人もいますが、仮性包茎くらいなら無理に治療する必要はありません。入浴するときに無理なく包皮を剥ける、性行為のときも不便を感じないという状況なら手術は不要です。

包茎はすべて恥ずかしいと認識している人は多いですが、日本人の多くは仮性包茎という現実があります。その割合は6から7割にもなると言われており、剥けている人より多いのです。仮性包茎であっても真性包茎に極めて近い状態にあるなら、包茎手術を受ける必要性はあるでしょう。自分で剥くのが大変という状態ならば、手術をしたほうがいいのは確かです。手術が必要かどうかは、簡単に包皮を剥けるか、剥くのに苦労するかを判断材料にしましょう。

包茎の種類に応じて対応を変えていく

亀頭を大きくしたいし包茎も治したいという状況なら、亀頭増大術と包茎手術を同時に受けるメリットは大きいです。一方で亀頭は小さいけど包茎ではない状態なら、亀頭増大術だけ受ければ問題ありません。一般的に包茎手術が必要なのは真性包茎とカントン包茎であり、剥くのが困難な状態で手術が行われます。石鹸をつければ剥けるけど、石鹸なしだと難しいという状況は判断が分かれるところです。見た目を綺麗に整えたいか、コンプレックスを解消したいか、なども関係してくるでしょう。

最終的に包茎手術を受けるかどうかは自己判断で決めるべきですが、不要な手術であれば避けたほうがいいのは確かです。施術費用は無料ではありませんし、手術には少なからずリスクがあるからです。仮性包茎のほとんどは手術が不要であり、こうした症状を無理に手術すると後悔することになりかねません。1ヶ月程度は性行為を制限されるケースがあるなど、費用以外のデメリットも待っているからです。

まとめ

亀頭増大術で亀頭を大きくするついでに、包茎手術を勧められたという人は多いです。短小と包茎という2つのコンプレックスを抱えているなら同時に受けるメリットがありますが、そうでなければ無理に受ける必要はありません。日本人の多くは仮性包茎であり、仮性包茎のほとんどは手術が不要です。真性包茎やカントン包茎でなければ、無理に手術をする必要はありません。手術には少なからずリスクがあるので、不要な手術は極力避けてください。

に投稿 コメントを残す

亀頭増大術でぼったくりに遭って後悔

相場を調べておくことが大切

男性の悩みを解消するメンズクリニックや美容外科ではさまざまな治療が行われていますが、亀頭増大術も人気の高い治療です。亀頭増大術を受けることで、見た目も良くなりコンプレックスから解消されますし精神面にも良い影響が期待できます。さらに性行為の際にもメリットがありますので、治療を希望する人は少なくありません。こうした治療も医療行為となりますので、保険適用できるのかは気になるところですが一部の症例が保険適用となる包茎治療とは違い、基本的に亀頭増大術は自由診療です。それゆえ、治療費はすべて自費で支払うことは理解しておきましょう。こうした治療を受けることで後悔したという人もありますが、その後悔の理由としては治療費が想像以上に高かったということがあげられます。中にはぼったくりで高額な治療費を請求するクリニックもあるといわれていますので、評判はしっかりと確認しておきましょう。そして、複数のクリニックで比較して相場を知っておくことも大事です。

選ぶ治療方法によっても費用は変わる

亀頭増大術も治療方法により治療費は変わりますので、それぞれの治療の特徴や費用はしっかりと確認しておきましょう。安くてもすぐに元に戻ってしまう治療を選ぶとかえって高くなることもあるので注意が必要です。亀頭増大術を行う際は、事前にカウンセリングを受けることが一般的です。このときに治療内容や費用はしっかりと確認し、追加で費用が発生しないかどうかも確認しておきましょう。クリニックによってはオプションでさまざまな治療を勧められる場合もありますが、それが高額な治療費につながる可能性もあります。それゆえ、勧められても不要だと感じる治療はきっぱりと断ることも大事です。治療費が高いと感じた場合はすぐに契約せずに、別のクリニックでもカウンセリングを受けてみることがおすすめです。もしも勧誘を断り切れなくて治療を申し込んだ場合もクーリングオフが活用できます。この場合も期限がありますので手続きは早めに行うことが大切です。

まとめ

男性専用のクリニックでは男性の悩みを解消するさまざまな治療が提供されていますが、亀頭増大術も人気の高い施術です。この治療は保険適用はされませんので、治療費用はしっかりと確認しておきましょう。ぼったくりで後悔しないためにも、あらかじめ相場を調べておくことがおすすめです。オプションで治療を勧められた場合も不要な治療だと判断した場合は断ることもできます。高額だと感じた場合は、すぐに申し込まずに他のクリニックでもカウンセリングを受けてみましょう。

に投稿 コメントを残す

亀頭増大術で陰茎の形が悪くなって後悔

亀頭増大術では後悔しないように注意が必要

亀頭増大術をすることによって、陰茎の形が悪くなって後悔をする、というケースは多くはないものに実際にある例ですこれは、亀頭増大術だけでなく多くの注入系の手術に起こりえることで、亀頭増大術も例外ではありません。

トラブルや公開を防ぐためには、しっかりカウンセリングに時間をかけてくれるクリニックを受診したり、実績のあるドクターが治療を行っているところに依頼するのが良いでしょう。注入系の手術は、一般的にはそれほどリスクが高いわけではありません。しかし、ペニスは敏感な部分であり手術後に違和感があったり蚊たちが気に入らない、ということになることもあります。

陰茎増大術自体は難しいものではありませんし、メリットは大きいです。性生活を豊かにしてくれたり、男としての自信を取り戻すきっかけにもなります。その分リスクもつきものですので、しっかりとその点を考えてカウンセリングや治療を受けるのが重要です。

後悔しないための対策とは

陰茎の形が悪くなってしまった場合、可能であれば修正する方法があります。これは、手術をしたクリニックにもよりますが、アフターフォローで修正が無料というケースも少なくないです。満足がいかなかったらやり直してもらうことができる可能性もありますので、問い合わせてみるのが良いでしょう。

又、陰茎の形が気に入らなくなったら早目の相談がおすすめです。早めに相談することで、何らかの対処法が考えられるメリットがあります。何を注入したのかにもよりますが、形を整えられるケースもあるので早期に対応するのがポイントとなります。

それ以前に、満足できる手術にするためには信頼性の高いところを受診するのが一番です。これまでの実績が高く症例数が多いクリニックに相談するのはもちろんのこと、患者の悩みに真摯に向き合ってもらえるところを選びましょう。又、修正が無料であったりアフターフォローが充実しているところなら安心です。

まとめ

亀頭増大術は、陰茎の形が気に入らない状態になるケースが報告されています。しかし、すべての人が功成るわけでなく、また感じ方には個人差があるのが実情です。ほとんどのケースでは安全で副作用などがなく、満足できるペニスになることができます。一部では仕上がりが気に入らないというケースもあるので、信頼できるドクターやクリニックにかかって、できれば修正などの対応が充実している医療機関を選ぶのが後悔しないポイントです。