に投稿 コメントを残す

亀頭増大術のついでに不要な包茎手術まで受けてしまい後悔

必要ない包茎手術まで受けると後悔することも

亀頭増大術を受けるつもりが、包茎手術まで勧められて受けてしまったという人は少なくありません。ついでに施術を受ければ確かに楽ですが、それが自分にとって不要なものだと後悔するでしょう。亀頭増大術はあくまで亀頭を大きくするのが目的です。この手術をする人には包茎の人もいますが、仮性包茎くらいなら無理に治療する必要はありません。入浴するときに無理なく包皮を剥ける、性行為のときも不便を感じないという状況なら手術は不要です。

包茎はすべて恥ずかしいと認識している人は多いですが、日本人の多くは仮性包茎という現実があります。その割合は6から7割にもなると言われており、剥けている人より多いのです。仮性包茎であっても真性包茎に極めて近い状態にあるなら、包茎手術を受ける必要性はあるでしょう。自分で剥くのが大変という状態ならば、手術をしたほうがいいのは確かです。手術が必要かどうかは、簡単に包皮を剥けるか、剥くのに苦労するかを判断材料にしましょう。

包茎の種類に応じて対応を変えていく

亀頭を大きくしたいし包茎も治したいという状況なら、亀頭増大術と包茎手術を同時に受けるメリットは大きいです。一方で亀頭は小さいけど包茎ではない状態なら、亀頭増大術だけ受ければ問題ありません。一般的に包茎手術が必要なのは真性包茎とカントン包茎であり、剥くのが困難な状態で手術が行われます。石鹸をつければ剥けるけど、石鹸なしだと難しいという状況は判断が分かれるところです。見た目を綺麗に整えたいか、コンプレックスを解消したいか、なども関係してくるでしょう。

最終的に包茎手術を受けるかどうかは自己判断で決めるべきですが、不要な手術であれば避けたほうがいいのは確かです。施術費用は無料ではありませんし、手術には少なからずリスクがあるからです。仮性包茎のほとんどは手術が不要であり、こうした症状を無理に手術すると後悔することになりかねません。1ヶ月程度は性行為を制限されるケースがあるなど、費用以外のデメリットも待っているからです。

まとめ

亀頭増大術で亀頭を大きくするついでに、包茎手術を勧められたという人は多いです。短小と包茎という2つのコンプレックスを抱えているなら同時に受けるメリットがありますが、そうでなければ無理に受ける必要はありません。日本人の多くは仮性包茎であり、仮性包茎のほとんどは手術が不要です。真性包茎やカントン包茎でなければ、無理に手術をする必要はありません。手術には少なからずリスクがあるので、不要な手術は極力避けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です