に投稿 コメントを残す

亀頭増大術で陰茎の形が悪くなって後悔

亀頭増大術では後悔しないように注意が必要

亀頭増大術をすることによって、陰茎の形が悪くなって後悔をする、というケースは多くはないものに実際にある例ですこれは、亀頭増大術だけでなく多くの注入系の手術に起こりえることで、亀頭増大術も例外ではありません。

トラブルや公開を防ぐためには、しっかりカウンセリングに時間をかけてくれるクリニックを受診したり、実績のあるドクターが治療を行っているところに依頼するのが良いでしょう。注入系の手術は、一般的にはそれほどリスクが高いわけではありません。しかし、ペニスは敏感な部分であり手術後に違和感があったり蚊たちが気に入らない、ということになることもあります。

陰茎増大術自体は難しいものではありませんし、メリットは大きいです。性生活を豊かにしてくれたり、男としての自信を取り戻すきっかけにもなります。その分リスクもつきものですので、しっかりとその点を考えてカウンセリングや治療を受けるのが重要です。

後悔しないための対策とは

陰茎の形が悪くなってしまった場合、可能であれば修正する方法があります。これは、手術をしたクリニックにもよりますが、アフターフォローで修正が無料というケースも少なくないです。満足がいかなかったらやり直してもらうことができる可能性もありますので、問い合わせてみるのが良いでしょう。

又、陰茎の形が気に入らなくなったら早目の相談がおすすめです。早めに相談することで、何らかの対処法が考えられるメリットがあります。何を注入したのかにもよりますが、形を整えられるケースもあるので早期に対応するのがポイントとなります。

それ以前に、満足できる手術にするためには信頼性の高いところを受診するのが一番です。これまでの実績が高く症例数が多いクリニックに相談するのはもちろんのこと、患者の悩みに真摯に向き合ってもらえるところを選びましょう。又、修正が無料であったりアフターフォローが充実しているところなら安心です。

まとめ

亀頭増大術は、陰茎の形が気に入らない状態になるケースが報告されています。しかし、すべての人が功成るわけでなく、また感じ方には個人差があるのが実情です。ほとんどのケースでは安全で副作用などがなく、満足できるペニスになることができます。一部では仕上がりが気に入らないというケースもあるので、信頼できるドクターやクリニックにかかって、できれば修正などの対応が充実している医療機関を選ぶのが後悔しないポイントです。